ページがありません

はがき伝道 令和2年 10月 384号 真福寺

 

 日本の戦争の特徴は、

同一民族の政権争いであって、

他民族を奴隷にする習慣がない国と言える。

 

 ゲームで言えば、

インドに起こったゲームが

ヨーロッパに行けば、

チェスとなり、

日本にくれば、

将棋になったようなものである。

 

 チェスは相手の駒が

自軍の駒となることはない。

日本の将棋は

自軍に入ると、

相手に向かって反撃することが

できるのである。

 

 当たり前のことが、

受容されているのは

日本には戦いの場合は

敵軍を全滅する作法がない

ということである。

 

 いわゆる相手をゆるす、

恕の文化があるのである。

それは12000年前から

1万年近く続いた縄文文化の恩恵が、

現代まで滅亡せずに

深層文化として

生きていることにあると考える。

 

 明治維新以後のことだけをもって

批判する歴史史観による

自虐史論が

日本全土に浸透しないのは、

1万年間、

他人他国を受容する

平和の縄文精神が

他民族に侵略されずに、

温存されてきたことに

起因すると考える。

 

 1万年間の

縄文精神スピリットの文化の布団に

2000年の弥生、農耕スピリット文化の

掛け布団が乗る形になる。

 

 穏やかな成長、

緩やかな成長、

自然との調和の中で、

1万年の縄文生活が醸成発酵していった。

 

 その精神文化が

日本人の深層心理として、

現在まで延々と脈打って

地下水の如く

流れているのである。

 

 その清らかな文化の清水が湧き出て

現代の我々の心を潤しているのである。

日本の脳細胞の奥深くに刻まれた

縄文スピリットが今も、

泉の如く湧き出ているのである。

日本に奴隷制度が根付かず、

偶像破壊が起こっていない

一因であると思う。

 

 

 

はがき伝道 令和2年 9月 383号 真福寺

 

 この大地は、

一万年の縄文時代を経験し

文化を蓄積してきた。

2000年前から現代まで

弥生時代以降の文化を経験して

2020年にたどり着く。

 

 そして今、新型コロナという

世界的疫病の世界に生きている。

 

 日本列島は海により遮断されているため、

他国との交流が難しい島国である。

ボートピープル的な難民が漂着することや、

亡命する人々が来るためには、

飛行機のない時代は、

舟による渡航しかなかった。

 

 いわゆる他民族の侵略という事例は、

一万年の縄文時代にはないといって良い思う。

そんな狩猟採集栽培文化によって

作られた縄文スピリットは

現代社会の深層に

横たわっていることを感じます。

 

 他民族国家の民を

奴隷にして輸入し、

自国の繁栄を築き、

戦争により他国の利潤を

略奪することにより

繁栄した国の場合、

過去の歴史を消滅することにより、

自国の存在価値を合理化する傾向がある。

今の今、

コロナ感染症の蔓延により、

米国、イギリス他ヨーロッパに起こっている、

コロンブス像の破壊、

過去の米大統領の像、

チャーチル像、

南北戦争当時の英雄の撤去などの運動が

起こっているのは、そのためである。

 

 翻って、日本はどうか。

縄文時代より

他民族を奴隷化して、

繁栄するという行為は

皆無である。

他民族が日本に入ると、

融和し、文化の合流により

新しい文化を創造する積み重ねで、

日本文化は現代まで

受け継がれていることが、

世界史の中で見ても

稀な国だといえる。

 

 

はがき伝道 令和2年 8月 382号 真福寺

 

 私の肉体は火宅という牢獄であり、獄舎なり。

 その牢獄を一生の庵(いおり)として

過ごすことになる。

 

 であるならば、

私の一生の住処(すみか)に

余計な毒をため込むことはない。

食は内臓に優しいものを食し、

労(いた)わるべきである。

毒となるものは

獄舎に入るべからずである。

獄舎変じて

極楽の舎となすべきである。

 

 肉体という獄舎に

安住しているのが心である。

その心も

毒となる怨憎苦を

心に入れないことである。

毒となるものを捨て去れば、

自然と笑顔、優しい心が

井戸水の如く

湧き出てくるものである。

心まで牢獄の火宅にしてはいけない。

 

 肉体という牢獄に

宿るものは心である。

その心に

生じやすいものが怨憎である。

自我中心に心を育てると

怨憎という毒を

育てる心となる。

自利利他の心をもって

生きることで

怨憎の毒は消滅し、

心穏やかな

優しい心になっていくのである。

 

 生かされている

私の肉体や心を

牢獄や怨憎苦の心にするのは

他人ではない。

私本人である。

私が自分自身で

一生を地獄の世界にするだけなのです。

だから、私はそんな一生は

送りたくないと思っています。

地獄極楽紙一重、

心を変えれば、

即極楽となると思って生きています。

 

 その変えるポイントは、

自利利他の心で、

即今只今、

今ここに生かされている

幸せを大事にすることである。

私の中に

悪魔も天使も生きていることを自覚し、

悪魔の心をおこさず、

できるだけ天使と楽しくお付き合いすることを

大事にして心を育てることである。

 

 

 

はがき伝道 令和年 7月 381号 真福寺

 

誇りを持つこと

 

 私は、人間として生まれ、

今ここに立っている。

自分に誇りを持つこと。

自分を産んでくれた両親に

誇りを持つこと。

自分や両親まで

生命をつなげてくれた

御先祖様を尊敬し、誇りを持つこと。

 

 そのご先祖様は寺に休んでいます。

尊敬し、誇りをもって自分を守ってくれた

ご先祖様が眠る寺に誇りを持つこと。

それは自然に沸き起こるものであると考える。

自分と御先祖様と寺は

繋がった縁である。

私はその大きな魂の集まった大海に浮かぶ

小舟のような存在である。

こんな幸せはない。

自分に誇りを持つことが大事である。

今、ここに、

生かされていることを感謝し、

一生懸命生きることが

大切であると私は考える。

 

 私は縄文時代より現代まで

連綿と繋ぎ伝えてもらった

命のおかげで生きている。

こんな幸せはありません。

当たり前にそこにいて、

当たり前に会話して、

当たり前に毎日を生活する。

それがなんと大事なことであり、

幸せなことかと思うこの頃である。

 

 去年の12月に

生活していた当たり前が、

コロナ感染症により、

半年後の今は、

もう当たり前でない

毎日の生活となっている。

コロナの疫病が世界を動かし、

世界の大変動が起こりかねない

経済生活に激変しているのが

今である。

過去から現在まで

そうしたパンデミックを経験しながら、

ご先祖様は生きて、

生き抜いて

私に命をバトンタッチして

繋いでくれたのです。

ご先祖様に感謝です。

 

 

 

はがき伝道 令和2年 6月 380号 真福寺

 

『生きている私』

 

 この世に生まれ出ることは、

自分の意志で出来るものではない。

父母より生を受けたというが、

父母の前は、

一人の男性がいて、

一人の女性がいた。

 

 この地球上の数十億の人間の中の

一人一人だ。

その男性と女性が、

それぞれの場所で生まれて、

それぞれの両親に育てられ成長した。

 

 乳幼児から少年少女時代を経て、

父母に育てられ、

やがて青春時代を迎えて、

男性と女性はある時

ある場所

ある状況の中で出会った。

これは奇跡だ。

 

 そして、縁があって夫婦となった。

これも奇跡だ。

 

 二人は愛し結ばれ、

かつて少女だった妙齢の夫人は

身籠って母となった。

これも奇跡だ。

28日周期で訪れる、

ある人ある時の

決定的瞬間に、

2億とも3億とも言われる

精子の中の一つが、

壮絶極まる生存競争の果てに、

卵子と出会い、結ばれる。

 

 選ばれし勝利の一瞬だ。

この時卵子は戦い疲れて

辿り着いた勇者の精子を

抱くように迎え入れて

優しく静かに、

しっかりと新しい

生命への活動を始める。

生命のなんという

荘厳なイニシエーション(儀式)だろうか。

 

 偶然が偶然を呼び、

その偶然が奇跡を生み、

その奇跡が新しい奇跡を起こす。

果たしてそれを偶然というべきか、

奇跡というべきか。

いまここに

自分が生きているという事実。

『運命を拓く』中村天風より

 

すべて、自分が今日あることへの

絆と縁に結ばれた必然。

そのものではないかと思う。