自然豊かな寺院 桜井山真福寺にようこそ | 桜井山 真福寺

はがき伝道 359号 ひと手間

  • はがき伝道 2018年9月15日

    はがき伝道  平成30年9月 359号 真福寺

     

    「ひと手間」

     

    「すべての仕事に『ひと手間』を加える。

    その積み重ねが

    他社にはできない付加価値に変わる」

    と繊維商社「丸眞」の社長は言っている。

     

    座学の知識も大事だが、

    現場の実地から学ぶことが大事である。

    現場に学ぶためには、

    常在戦場の気持ちをもって

    「ひと手間」の工夫を毎日考え、

    トレーニングし、

    日々、己事究明の精神を忘れず、

    ひとつことに専心努力することである。

    他人の話を聞いて

    「そうだね」と思うだけでは

    自己の能力向上は図れないのだ。

     

    現場の本番一回を実施するために

    事前の反復練習は

    10~100回必要とする。

    実践、考察、新しい思考による

    発見の実践、実践の反省、事前の練習という

    繰り返しの中で、

    新しい気づきから

    「ひと手間」の実践が生まれるのだ。

    「ひと手間」の実践の失敗を恐れず、

    改良、考察、再考察から生まれた

    新たな「ひと手間」の実践をすることで

    成功の方程式が生まれる。

     

    事前のトレーニングを繰り返すためには

    内面にそのことをすることが

    「大好き」で「楽しい」という

    感性の凄まじい内発的発動がなければ無理である。

     

    今を生きていくための

    「ひと手間」を考え、

    実践していくことを楽しむことが

    幸福成功の秘訣かもしれない。

     

    物事の成功は久しく続けることが第一である。

    続けなければ完成はないのである。

     

    中国のことわざに

    「道は近くとも、

    行かなければ到達せず、

    事は小さくても、

    行わなければ成就しない」

    とある。

    成功を手に入れるにはゆっくりあきらめず、

    愚直に研鑽努力することである。

    「ひと手間」の努力を!

     

人気記事