自然豊かな寺院 桜井山真福寺にようこそ | 桜井山 真福寺

はがき伝道 361号 坎為水 習坎 Ⅱ

  • はがき伝道 2018年11月27日

    はがき伝道  平成30年11月361号  真福寺

     

    「坎為水(かんいすい) 習坎(しゅうかん) 」(坎為水の卦)Ⅱ

     

    第二次世界大戦後に生まれた体制が、

    崩壊しはじめた時代に突入している。

    戦後の陽の時代の終焉は、

    陰の時代の幕開けとなる。

    現代はあきらかに陰の時代である。

    陰の時代はエネルギーが切れて、

    ものごとが滞る時代である。

    思い通りにならないのが陰の時代である。

     

    こうした、エネルギー切れで、

    ものごとが停滞する時代に必要なことは、

    まず充電である。

    陰の時代は、

    大地の滋養の時代である、

    土壌づくりの時だ。

    土さえ良ければ、

    種は大きく育つ。

    陰の力を強めれば陽の気は自然に育っていくのだ。

    そのためには、

    無理せず、焦らず、頑張りすぎず、ゆったり過ごすことである。

     

    長い陰の時代は、

    次の陽の時代へ向かって

    遠い光をたよりに歩んでいくのが大事で、

    着実に一歩一歩進んでいくためにも、

    力を温存していくことが必要である。

    受容する心、素直に現実を受け入れて、

    忍耐が必要な苦労の時である。

    受け入れることで、人間の厚みが生まれる。

    苦しみが度重なるごとに、

    繰り返しその時に習うことである。

     

    縄文時代から連綿と続く歴史の繰り返しの中で、

    現代まで経験してきた人々の苦しみの歴史は

    無尽蔵である。

    その時代の苦しみと悲しみを学び、

    習いながら、

    乗り越え、現代に辿り着いてきたのが

    人類の歴史なのだ。

     

    人は出来れば経験したくない時と向き合う。

    大変な苦難を乗り越えた経験は、

    いまの自分を支えていると、

    必ず思えるようになる。

    人は苦しい悲しいことを経験します。

    その苦しいことを習うのだといっても、

    習えるものではないと思うものです。

    しかし、現実の今を生きていくためには

    習うことしか救われる道はないのです。

     

     

     

     

     

人気記事